虫歯治療

むし歯が気になる方へ

患者さまに優しい、負担の少ない治療を心がけています

当院では患者さまに優しい、負担の少ない治療を心がけています。「麻酔時の痛みが苦手」「あまり削ってほしくない」「むし歯が進行していても、可能な限り神経を残したい」といったご要望にできる限り応えられるように努めています。

痛みの少ない治療について

麻酔のような効果があるレーザー機器を導入しています

当院が採用するヤグレーザーにはさまざまな効果があり、麻酔と同じように感覚を麻痺させる作用があります。麻酔の注射時の痛みや注射後の違和感が苦手な方、注射をすると気分が悪くなってしまう方などにお勧めしています。場合によってはピリピリとした刺激を感じることがありますが、痛みはほとんどなく、安心して治療を受けることができます。

麻酔の注射をする時にも痛みを和らげる工夫をしています

1注射の前に麻酔薬を歯ぐきに塗って、感覚を麻痺させます

麻酔の注射をする際にも痛みがなるべく少ないように工夫しています。まずは表面麻酔が挙げられます。これは注射針が刺さるときのチクッとした痛みを和らげるもので、注射の前に歯ぐきにペースト状の麻酔薬を塗って感覚を麻痺させます。

2体が弛緩する、息を吐くタイミングに合わせて注射をしています

注射針をさすタイミングにも気を配っています。注射時の痛みは体が緊張していると感じやすく、リラックスしていると起こりにくいです。息を吐くときに筋肉が弛緩し、注射時の痛みの感覚が少なくなります。当院では患者さまが息を吐くタイミングに合わせて注射を行っています。

3注射部位を針の方に引き寄せることで痛みが感じにくくなります

注射針をさすときにも痛みを減らすコツがあります。痛みを感じる部位(痛点)の少ない場所を選ぶほか、針をさす部位を注射針の方に引き寄せてさすことで痛みが感じにくくなるのです。さした後はゆっくりと少しずつ注入していくことでさらに痛みを減らすことができます。

歯をできる限り削らない「M.I」という考え方を採用しています

むし歯の再発を防ぐための重要な考え方です

当院ではむし歯の治療において、必要な部分のみを治療し、良い状態の部分をできる限り残す「M.I」(ミニマル・インターベンション)という考え方を採用しています。

歯を削りすぎてしまうと、歯の表面にある硬いエナメル質が削れて、中の軟らかな象牙質がむき出しになります。たとえ詰め物や被せ物をしたとしても、歯と詰め物・被せ物のごく小さなすき間から細菌が侵入し、象牙質に到達するとむし歯の進行が早くなってしまうのです。

M.Iは患者さまの歯へのダメージを減らし、むし歯の再発を防ぐ重要な考え方です。2000年に国際歯科連盟が提唱し、現在、日本の歯科医療でも主流になっています。

歯を削らない治療「ドックスベストセメント」とは

殺菌効果が長く続き、歯を丈夫にする効果も見込めます

ドックスベストセメントとは、歯を削らずにむし歯になった部分に薬剤を詰めて殺菌する治療方法です。薬剤を詰める方法として、ドックスベストセメントは他のものに比べて殺菌効果が長く続くことが特徴として挙げられます。

レーザー治療と併用することで神経を残せる可能性が高まります

薬剤にはミネラルを含んでいるため、歯を硬く丈夫にする効果も見込めます。歯を削りたくない方に有用な治療方法であるほか、むし歯が神経に達している場合もこのドックスベストセメントとレーザー治療を併用することで神経を残せる可能性が高まります。

各進行段階における治療内容について

C2までであれば、レーザーを使って削らずに治療できます

むし歯の進行状況は、軽い順からCO、C1、C2、C3、C4という記号で表されます。 初期のCO、C1の段階であればヤグレーザーを使用し、削らずに治療することが可能です。またむし歯が歯の中の象牙質にまで進んでいるC2、C3でも、ドックスベストセメントを併用することで削らずに治療できる可能性が高くなります。

進行段階ごとの症状と治療内容

C1

むし歯の初期段階です。歯の表面のエナメル質が溶けて、穴が空いている状態です。レーザーを照射して歯科用のプラスチックであるレジン(プラスチック)を詰めます。1回の治療で終えることができます。

C2

穴が歯の内部の象牙質にまで進み、冷たいものを飲むと違和感を覚えます。レーザーとドックスベストセメントを併用して治療します。治療回数は1~2回と短期間で終えることが可能です。

C3

歯がかなり失われている状態で、C2のときよりも痛みがひどくなります。C3以降の治療はむし歯が神経に到達しているため、一般的に神経を除去する必要がありますが、レーザーとドックスベストセメントを併用することで神経を残せる可能性が高まります。

C4

歯の根しか残っていない状態です。残念ながら、ここまできてしまった歯は基本的に残すことができません。しかし、周囲の骨や歯の根の状況などによっては歯を残せる可能性もあります。まずはご相談ください。

C4まで進んでしまった場合は神経が死んでいるため、通常、痛みはなくなります。そのため、神経が死ぬことを知らず、痛みがなくなったので安心して「歯医者に行かなくてもいい」と思う方が中にはいらっしゃいます。

細菌はその間にも徐々に歯を溶かし腐らせていきます。すぐに歯科医院を受診するようにしましょう。

詰め物・被せ物の種類について

現在、歯科医療の進歩に伴い、詰め物や被せ物にはさまざまな種類があります。よく知られているのは「銀歯」で、保険が利くため安価であることがメリットではあるのですが、その一方で見た目が目立ち、金属アレルギーが起こる可能性があるといったデメリットもあります。

保険が利かない自費治療の素材は、保険適用の素材と比べて高額にはなりますが、見た目や耐久性、機能、予防的な側面などで有用なものも複数あります。

くわしくは「審美歯科」または「治療費用について」のページをご覧ください。

staff staff blog