歯を失った方へ

歯を失った場合の治療の選択肢

歯を失った場合、治療方法としては入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つが挙げられます。当院では入れ歯とブリッジを行っています。インプラントについてもご希望であれば治療を行っている歯科医院をご紹介いたしますので、歯を失ってしまった方はまずはご相談いただければ幸いです。

入れ歯について

患者さまに合う入れ歯になるよう、何度でも調整いたします

入れ歯を作ってみたものの、口の粘膜と擦れるなどして違和感や痛みを伴う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときは当院にご相談ください。当院では患者さまに合う入れ歯になるよう何度も調整いたします。使い方やお手入れの方法もアドバイスしながら、快適に使っていただけることをめざしています。

入れ歯は「使い込むこと」が大切です

食事をするときに入れ歯を外すという方も少なくありませんが、健康な歯にダメージを与えてしまい、ともすれば口の中全体の状態が悪くなってしまう場合があります。天然の歯を守るため、食事を楽しむためにも、入れ歯を使い込むようにしましょう。当院でも、使い込めるような快適な入れ歯になるように力を尽くします。

違和感の少ない入れ歯を提供しています

目立ちにくく、汚れがつきにくいノンクラスプデンチャーを推奨しています

入れ歯の見た目や装用時の違和感が気になる方に勧めているのが、「ノンクラスプデンチャー」(自費)という入れ歯です。これは金属のバネを使わないため見た目が目立ちにくく、薄くて装用時の違和感が少ないほか、汚れがつきにくいといったメリットもあります。違和感の少ない入れ歯としては、薄い金属で床をつくり、料理の温度をリアルに感じられる金属床入れ歯(自費)もあります。

総入れ歯のお手入れと定期的なチェック

入れ歯も専門家による定期チェックが大切です

当院では、総入れ歯を利用している患者さまにも半年に1度のペースで診察を受けていただいております。診察では入れ歯と口の中の粘膜のケアを行うほか、適時、入れ歯の管理方法についてアドバイスしています。入れ歯は適切なケアができていないと歯石が付着し、ときに粘膜の部分に炎症が起こることもあります。定期的にチェックしてもらうようにしましょう。

ブリッジについて

ブリッジの場合も歯を削らない治療方法を採用しています

ブリッジは、歯を失った箇所の両隣の歯を削って土台をつくり、人工歯を装着する方法ですが、当院ではブリッジの場合も削らない治療方法を採用しています。歯のない箇所に樹脂を当て込んで土台をつくり人工歯を装着します。入れ歯やインプラントではなく、かつ歯も削りたくない方に向いています。治療方法の詳細は当院にお問い合わせください。

接着式のブリッジを導入しています。

実は歯を削らずにブリッジができる接着性ブリッジというものがあるのです。接着性ブリッジは噛む力が強くかからない前歯で行える治療法です。
接着性ブリッジの一番の特徴は歯を削らずにブリッジができることです。通常のブリッジの場合は前後の歯を全体的に削り、被せるかたちにします。しかし、接着性ブリッジは歯を削ることなく治療ができるために前後の歯のダメージを軽くすることができます。
※詳しくは医師にお問い合わせ下さい。

staff staff blog