治療の流れについて

治療の流れ

1、問診

患者さまの困っていることや治療のご希望をじっくりとお聞きし、問題の原因や患者さまに合った治療内容を検討していきます。

2、検査

問診後、必要な場合はレントゲン写真の撮影などを行い、より詳細に調べていきます。

3、診断・治療内容のご提案

問診と検査で得られた情報をもとに症状の原因を特定し、悩みを解消する方法をご提案いたします。

4、治療

治療を行います。麻酔の注射が苦手な方、歯を削りたくない方、神経を残したい方にレーザー治療やドックスベストセメントを行っていることが当院の特徴です。
※ポイックウォーターを治療中にも使用しています。

ポイックウォーターについて

5、メンテナンス

治療を終えた後が歯を守るためのスタートです。十分なセルフケアと歯科医院での定期的なメンテナンスで良い状態を長く保っていきましょう。

全身を守る予防に取り組んでいます

歯を守ることは、全身の健康に密接につながっています。歯周病になると心臓病や糖尿病のリスクが高くなると言われており、また歯を失ってしまうと、発音に障害が出たり、噛み合わせが悪くなって消化器官への負担が大きくなったり、脳の刺激が減って認知症になるリスクも高くなったりします。

患者さまが日ごろからセルフケアに取り組んでいただき、歯科医院で定期的にメンテナンスを行うことでむし歯や歯周病の再発を防ぐことができます。まずこれが一次的な予防です。そこに、矯正治療で歯を整えて噛み合わせを良くしたり、入れ歯で歯を補ったりすることで上述のようなリスクを減らすことができます。つまり、さまざまな治療を組み合わせることが患者さまの歯を長く守っていく上で大切なのです。

生活習慣についてもアドバイスしています

むし歯の原因はブラッシングの方法だけでなく、生活習慣が大きく関わってきます。食事の内容や回数、時間帯、喫煙や飲酒、睡眠時間などが挙げられます。歯科医院でむし歯を除去したとしても、生活習慣が変わらなければ再発してしまう可能性が高いのです。

患者さまご自身で取り組むセルフケアについて

予防のために最も大切なことは、日ごろから患者さまがご自身の口について興味を持ち、歯を守りたいと考えて十分なセルフケアに取り組んでいただくことです。当院ではそのために患者さまに合ったブラッシング方法やケアグッズをお伝えしています。

殺菌効果のあるポイックウォーターを勧めています

当院ではセルフケア用品として、殺菌効果のある「ポイックウォーター」をお勧めしています。ポイックウォーターは水と塩を電気分解して作ったもので、安全に使うことができます。むし歯の原因菌や肝炎ウイルス、カンジタなどさまざまな細菌を死滅させる効果があります。

セルフケアとしてお勧めしているほか、当院でも治療時に使用しており、感染予防にも有用です。

当院での口腔ケアについて

歯を守るためには、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことが大切です。メンテナンス時には患者さまの口の状態を見て、前回時に比べてセルフケアが良くなっているかも確認し、適時、必要なアドバイスをいたします。

実際のメンテナンスでは、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と歯垢・歯石を取り除くスケーリングを行います。PMTCは樹脂製の器具と専用の歯磨剤で歯面を清掃し、歯ぐきの汚れをとるもので「口がさっぱりして気持ちがいい」と喜ばれる方も多くいらっしゃいます。

ブラッシングだけでむし歯や歯周病を予防することは困難です

定期的に歯科医院でメンテナンスを受ける効果について、疑問に思われる方も中にはいらっしゃるでしょう。ブラッシングだけでは不十分である理由は、「バイオフィルム」と呼ばれる、ブラッシングでは除去できない強力な汚れにあります。バイオフィルムはキッチンにある三角コーナーをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。三角コーナーをピカピカにするために強力な洗剤を使っていると思いますが、バイオフィルムも同様に、歯科医院で専門的なケアを行わないと除去できないのです。

バイオフィルムのほか、歯石も同じく、スケーリングやルートプレーニングといった歯科医院によるケアを行わないと取り除けません。

歯を失うつらさを感じないで済むように、定期検診を受けましょう

「歳をとれば、歯は自然に歯が抜けてしまうもの」と考える方もいらっしゃいますが、実際は違います。若いころから歯科医院で定期的にメンテナンスを受けていれば、多くの歯を残すことが可能なのです。

歯を失うと、生活の質が大幅に落ちてしまいます。食べられる食事が制限されてしまい、人前で口を開けて笑うこともしづらくなってしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯の大切さを理解し、日々のブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスを生活習慣に取り入れるようにしましょう。

staff staff blog